HoloLensのSpatialMappingデータをブラウザで表示する

こんにちわ。HoloLensチームの佐藤です。
今回はアドベントカレンダーの記事ということで、日頃やらないようなお試し的なことをやってみようかとおもいました。
HoloLensは空間情報(Spatial Mapping)を取得する機能が端末に備わっております。
そしてこの空間情報のデータは、HoloLensのDevicePortalからダウンロードすることができます。
このデータは.objという形式なのですが、そもそも.objとは何なのかいう方はwikipedia に詳しく乗っているのでそちらを参照いただければと思います。(ちなみに私もそこで学びました)
以前からこのデータをHoloLens上だけでなく、自分が作ったwebアプリに表示して活用できないかを考えていまして、
調べていくとThree.jsが.obj形式の表示にも対応していることが判明し、今回はThree.jsを使ってブラウザに表示するところまでをやってみようと思います。