HoloLensで見えている画面を共有する方法まとめ

HoloLens Share

こんにちは。HoloLensチームの酒井(@saka_it)です。

HoloLensからの(未来あふれる)視界は周りの人からは見えないため、不審者扱いされるというのはよくあることかと思います。また、展示などでデモをするときもHoloLens分の人しか同時に楽しめないため、待っている人が楽しめないといった問題もあります。

今回はそんなときに使えるHoloLensで見えている画面をPCなどで共有する方法について、まとめてみました。

この記事は NEXTSCAPE クラウドインテグレーション事業本部 Advent Calendar 2018の19日目の記事です。

続きを読む HoloLensで見えている画面を共有する方法まとめ

iOSで動作するSpectatorViewを試してみる(MRKT 2017.4.3版)

動作イメージ

こんにちは。HoloLensチームの酒井(@saka_it)です。

MRTK 2017.4.0で新たにiOS端末で動作するSpectatorViewが追加されました。動作させたときの動画はこちらです。

以前、導入記事を書きましたが、その後、MRTK 2017.4.3へのアップデートに伴って不具合が解消される一方、新たなトラブルポイントも出てきていますので、今回はUpdate版を作成しました。

この記事ではMRTK 2017.4.3のSpectatorViewを動作させるための手順を説明します。

続きを読む iOSで動作するSpectatorViewを試してみる(MRKT 2017.4.3版)

ARKitに対応したVuforiaのExtendedTrackingを使ってみる

VuforiaExtendedTracking

こんにちは。HoloLensチームの酒井(@saka_it)です。

ARマーカーの上に何かを出したいときによくお世話になるVuforiaにはマーカーがカメラから外れてもトラッキングを続けるExtended Tracking という機能があります。
(Extended Tracking自体の説明はテラシュールブログさんの記事がわかりやすいです)
が、今までの Extended Tracking は精度が今一で位置ズレが起こりやすいものでした。上の記事でもモデル下方への回り込みが厳しい点を指摘しています。

しかし、Vuforia 7.2 から、この機能が ARKit に対応し、精度が大幅にアップ。実用性がかなり高まりました。
今回はこの新しくなった Extended Tracking の使い方を説明します。

この記事は NEXTSCAPE クラウドインテグレーション事業本部 Advent Calendar 2018 の15日目の記事です。

続きを読む ARKitに対応したVuforiaのExtendedTrackingを使ってみる