事例紹介

アステラス製薬様との医療現場での活用事例​

患者が適切に現状の疾患を理解することは、今後の治療方針の決定だけでなく、服薬継続率や治療において重要なポイントです。特に病状や治療方針を説明するコミュニケーション(以下、インフォームドコンセント)において、医療従事者は十分な時間や人員を確保することが困難な場合も多く、患者は理解することが難しく、自分ゴト化できない等、様々な問題があります。​

当社はアステラス製薬様と共に、MRの技術をインフォームドコンセントに応用することで、コミュニケーションギャップを解消し、患者が自分の病態をより自分ゴト化し、治療意欲を促すソリューションを提供しました。

Holojector

Holo-Teach(ホロティーチ) ~ホログラフィック ロボット遠隔操作~

外線工事MR(コンテンツ東京2019出展アプリ)

オフィス内覧ビューアー

HoloLens 巡視ソリューション

HoloLens x AI(日本語対話)x IoT

建築分野向けHoloLens活用事例

CFDシミュレーション@丸ノ内