Holojector イベント出展レポート

こんにちは、With MR 広報担当です。

10 月、11 月と秋は、何かとイベントの多い季節ですね。
弊社も 10 月、11 月と Holojector をイベントに出展させていただきました。今回はその出展レポートを書きたいと思います。
出展させていただいたイベントは以下の2つです。

  • Imaging Japan 2018
  • Tech Summit 2018

両イベントに参加したことで、多くの方々に弊社の Holojector を体験していただく機会になり、対応したメンバー一同大変うれしい限りです。
両イベントともに、当日ブースにお立ち寄りいただいた方につきましては大変ありがとうございました。

以下は、それぞれのイベント別のレポートです。
参加した方はもちろん、参加されなかった方にもイベントの雰囲気を感じていただければと思います。

Imaging Japan 2018

まずはイベントの基本情報です。

  • 開催概要 : 2018年10月17日(水)~19日(金)
  • 場所:幕張メッセ
  • 主催:株式会社JTBコミュニケーションデザイン

InterOpt、LED Japan といった光学系のイベント。さらにITとエレクトロニクスの展示会である CEATEC JAPAN と同時開催になっています。
来場者はイベントサイトによると 28660 人とのこと。とても大きなイベントであることが数字からもわかるかと思います。
Imaging Japan は最先端の画像処理・イメージング技術が集結するイベントになっており、私たちのブースの周りも光学系の会社様が多かったです。
そんなブースの場所柄もあって、HoloLens を初めてかぶるという方にも弊社の Holojector を体験いただく貴重な機会となりました。

Tech Summit 2018

次に、11月に出展した Tech Summit のレポートです。こちらも基本情報から。

  • 開催概要 : 2018年11月5日(月)~7日(水)
  • 場所:ザ・プリンス パークタワー東京
  • 主催:日本マイクロソフト株式会社

例年2日間の開催が多いというように記憶しているのですが、今年は3日間の開催でした。
初日のキーノートでは、マイクロソフト CEO のサティア・ナデラさんも登場し、私も企業ブースの会場からモニターを通して拝見させていただきました。興味のある方は、イベントページでもキーノートの内容を確認できます。

前述の Imaging Japan と比べると、開発者の方も多く、技術的な詳細についても質問を受けることが多い印象でした。
また、セッション参加を主目的としている方が多いイベントなので、セッション中は比較的企業ブースに人が少なくなります。そういった時間を利用して、他の企業様のブースを体験させていただくこともできました。なかなか無い機会なので、そういった意味でもとても刺激になるイベントでした。

以上、簡単ではありますがイベントの出展レポートでした。
今後も、イベント参加などを通して多くの方に弊社製品を体験していただく機会を積極的に増やしていければと思っております。

今回出展した Holojector について、ご興味がある方は、こちらから詳細をご覧ください。

それでは、また。